話題のリノベーション物件とは|新しく生まれ変わる

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

空き家を持て余してる時は

戸建て

所有者には責任があります

亡くなった親が住んでいた家を相続するケースがよくあります。第三者からすれば、自分の懐をいためずに不動産を手に入れることができるのですから、こんなに羨ましい話はありません。しかし、当の本人は喜んでばかりいるわけにはいきません。相続した家に自分で住む場合であればまだしも、そうでない時は負担ばかりを背負い込むことになります。まず最初に相続税を支払うことになりますし、その後も毎年固定資産税を徴収されることになります。たとえ空き家にしておいても固定資産税は毎年必ずかかりますから、これを負担に感じる人が多いです。更地にすると固定資産税の額が一気に跳ね上がるため家を建てたままにしておく人が多いのですが、所有者はその家を適切に管理する責任を負います。倒壊や火災等で近隣に迷惑をかけてしまった場合は損害賠償請求される可能性がありますので、ほったらかしにしておくわけにはいきません。経済的にも精神的にも大きな負担を背負い込むことになるため、近年では不動産業者の空き家管理サービスを利用する人が増えてきています。

業者を利用すると

藤沢で営業している不動産業者はたくさんいますが、提供しているサービスの内容は業者によって異なっています。同じように藤沢で店を構えていても、賃貸物件の仲介だけを専門に行っている業者もいれば、賃貸と売買の両方を取り扱っている業者もいます。また、ここ数年藤沢で目立つようになってきているのは、単に物件の賃貸や売買を仲介するだけでなく、プラスアルファのサービスを提供する不動産業者です。藤沢に限らず全国的に空き家が増えてきていますが、所有者自身でしっかりと管理することができず、トラブルになってしまうケースが後を絶ちません。しかし、藤沢には空き家管理サービスに力を注いでいる不動産業者がたくさんいますので、重宝することができます。業者を利用すると、不審者が侵入していないか、建物の老巧化が進んでいないかなどを、定期的に確認してきてもらうことができます。また、管理業務を丸ごと委託する形で空き家を賃貸に出してもらうこともできます。空き家を誰かに貸すことができれば賃料収入が入ってきますので、税金の負担をカバーすることができるようになります。